6月 ナナカマドの花 

  • 北海道では、山林から平地まで自生しており、市街地の街路樹などによく植樹されています。放射状に白い花を咲かせます。落葉樹(バラ科)Sorbus commixta Hedl

10月 ナナカマドの紅葉

北海道では、平年だと10月の下旬に初雪が降る、まれに紅葉したナナカマドに雪が積もる光景を目にする事がある、例年より早く初雪が訪れた早朝の写真です。赤い紅葉と白い雪のコントラストが美しい瞬間です。

12月 ナナカマドの実

  • この頃から厳冬期に、渡り鳥の「ツグミ」「ヒヨドリ」「ヒレンジャク」が次々とナナカマドの実を求めて群れに成って飛来する。1時間足らずで全ての実を食べ尽くしてしまう。しかし、動物などの天敵や、人間が怖いせいか下枝の実は残っている事が多い。

1月 ナナカマドの実

  • 霜の付いた実、何度も凍結して日中に解けてと繰り返すたびに、萎びてくる。この頃には、実の中に含まれる毒性のある化学成分(プルナシン)は加水分解により分解され、甘みが出てくる。


写真 山本 隆 ( Takashi - YAMAMOTO )     
撮影地 砂川市 新十津川町 月形町




12345