映画エクレール

2011.07.26



ガレット デ フレーズ エクレール

7月31日 映画エクレールが砂川地域交流センター『ゆう』で上映されます。

プチ・トリフ山屋は、当日限定で72個のエクレールを出品します。

アーモンドガレットの上にエクレアをのせたデザインです。
クリームは、生クリームとカスタードクリームを1:1に混合
苺をサンドして、フランボワーズ(木いちご)をグラッサージュしました。

2011.06.28



映画「エクレール」いよいよ、エンディングのロケ地である砂川市でも上映されます。
上映初日には、砂川スィートロードのお菓子屋さんが特別に作成した「エクレール」を
販売いたします。普段はお店では購入出来ない当日限定スィーツがあるかも・・・!
収益は、主なロケ地である宮城県の石巻市など3月11日の被災地に送られる。

2011.02.07
「エクレール・お菓子放浪記」ののぼり、砂川の街を歩くと至る所にあるのぼりです。さて「エクレール」とは何か?2011年初夏に全国公開予定の映画です。仙台をはじめ、ロケ地の一つに砂川市が選ばれた。有志支援グループを作って募金集めを始めるなど、砂川市民をはじめとして受け入れ準備が着々と進み現在に至っています。ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございます。
映画は西村滋さんの小説を原作としたもので、戦争孤児が様々な経験を経て成長していく物語。人の心を豊かにし優しくする「お菓子」の力がにじむ作品に成りそうだ。2007年公開の「ふみ子の海」などを撮影した「近藤明男」さんが監督をつとめる。出演はいしだあゆみさん、林隆三さんなど豪華である。
砂川は炭鉱の街からスィーツの街へと変貌し、今では全国から注目される「お菓子の街」です。
近藤監督は、お菓子屋さんが沢山あって、撮影の舞台になった「北光公園」が気に入って下さった様です。2011年3月10日、東京虎ノ門ニッショーホールで完成披露試写会が執り行われます。
お菓子放浪記 「西村滋 著」講談社文庫 730円

鉄道で旅する北海道



先日、取材の申込がありました、札幌から滝川までの函館本線。
「鉄子がナビするひとり旅」との事で引き受けました。
企画会社の「エムジー・コーポレーション」様から出来上がった「本」を送って頂きました。
すばらしい「本」で驚きました。当店の紹介ページも満足ですが。
何より鉄道ファンにはよい雑誌ですね。
写真のクオリティーがとても良い、質の高いガイドBOOKです。
取材ありがとうございました。


山屋の中庭

2010.09.11

当店の中庭の風景です。社長の趣味で庭を創作するのが楽しみの様です。
枯山水を真似た様ですが、真意は解りません。苔を良い状態で維持するのは大変な作業です。

It is the scenery of the courtyard of our shop. It seems to be pleasure to create a garden by a hobby of the president.
I seem to have imitated a dry landscape Japanese garden, but do not understand the real intention. It is great work to maintain moss in a good state.

シベリア・ロール

2010.06.01

シベリア・ロールは山屋製パンの代表作で、創業者の(山本 芳雄)が考案し当店では40年間作り続けている商品です。カステラに餡を載せ、デニッシュの生地で包み焼き上げました。仕上げはホワイトチョコレートを切り口にコーチングして完成です。¥168円(税込み)で販売しています。
創業者(山本 芳雄)は太平洋戦争に徴兵され、満州(現 中華人民共和国 東北部 ハルピン)付近で終戦を迎えました。しかし、突然のソビエト軍の侵攻で日本軍捕虜としてシベリアに抑留されました。シベリア鉄道の建設で辛く過酷な労働に堪えていた或る日、ソビエト軍の上官が「パンを作る職人はいないか?」との問いかけに、芳雄は志願しソビエト軍の兵士のために、パンを焼く係になりました。寒さと飢えと、過酷な労働から解放され毎日パンを焼きました。後世、「芸は身を助ける」とよく聞かされました。しかし、抑留された戦友の事を考えると心を痛める気持ちに苛まれる日々でもありました。生き残った日本兵は、日本への帰還で芳雄も日本の本土を再び踏みしめる事が出来ました。
シベリア・ロールは其の時のシベリア鉄道建設時に氷点下の厳しい環境の中で目にした、鉄道の枕木が霜で白く凍結した様子を表現したものです。
当時の味を変える事無く製造していますので、少し甘みが強いのですがお客様には好評で今日まで続く商品です。


(Yoshio Yamamoto) of the founder devises the Siberia roll in a best work of the bread made by Yamaya, and it is the product which it continues making for 40 years in our shop. I put bean jam on the sponge cake and I wrapped it in cloth of デニッシュ and baked it. The finish performs coaching of white chocolate in the cut end, and it is completion. I sell it for the 168 yen yen (tax-included).
The founder (Yoshio Yamamoto) was drafted in the Pacific Wars and greeted the end of the war in the vicinity of Manchurian (existing People's Republic of China northeast region Harbin). However, it was detained as Japanese armed forces captive by invasion of the sudden Soviet Union force by the Siberia. Of the one day, Soviet Union force which were worthy of severe labor by construction of the Trans-Siberian Railroad strictly "make bread, is not a senior officer to the craftsman?" Yoshio applied and became the person in charge who baked bread for a soldier of the Soviet Union force to ask it about との. I was freed from cold and starvation and severe labor and baked bread every day. In coming ages, it was told well "Art brings bread". However, it was days tormented by a feeling to be anxious about when I thought about a detained fellow soldier. As for the Japanese soldier who survived, Yoshio was able to step cautiously on the Japanese mainland by the return to Japan again.
I was white, and the railroad tie of the railroad that I saw the Siberia roll at the time of the Trans-Siberian Railroad construction at the age of it in below-zero severe environment expressed a frozen state in frost.
Because it produces it without changing then taste, some sweetness is strong, but it is the product which it is popular with visitors, and continues until today.

東国原・前宮崎県知事来店

2011.10.16

東国原、前宮崎県知事再度来店!!!!!。砂川市の隣町、滝川市の青年会議所(JC)が主催する講演会に講師として来道された時に、講演前のわずかな時間にもかかわらず、当店に再度立ち寄って頂きました。またまた「メロンパン」の陳列棚の前に直行して、お買上げ頂きました。知事に成る前も、知事を辞された後も印象の変わらない庶民的な人柄でした。

2010.05.26

東国原、前宮崎県知事来店、写真は知事就任前の(そのまんま東)さんの時に来店して頂、社長夫婦を撮影した画像です。東さんは北海道をマラソンで観光する目的で、砂川付近を走破中でした。其の時に当店を発見し来店して頂きました、メロンパンをお買い上げ頂いて、店舗内のイートインで少し休憩を取り出発しました。数日後、千歳空港へ向かう途中、再度来店して頂き「メロンパンの味が忘れられない」と、またまたお買い上げ頂きました、大変ありがとうございました。これからも益々の活躍を期待しています。北海道へお越しの際は、また寄って下さいね。

Higashikokubaru, a Governor of ex-Miyazaki visit, a photograph are the images which they come to the store at the age of (Sonomamma Higashi), and photographed the top, Mr. and Mrs. president before the governor assumption of office. Azuma was running the whole course of Sunagawa neighborhood for the purpose of seeing the sights of Hokkaido by marathon. I had you purchase the melon bun which had I discovered our shop at the time of it and come to the store and I took some breaks in the eat-in in the store and left it. Had come to the store again for the middle toward Chitose Airport, and, a few days later, had purchase it once again when "taste of the melon bread was unforgettable"; thank you very much. I expect more and more activity from now on. Please stop at Hokkaido on the occasion of coming again.
Please stop at Hokkaido on the occasion of coming again.